サッカー 20-21シーズンについて

こんにちは、munejyukaです。

サッカーの今シーズンもようやく終盤戦になってきました。ヨーロッパの主要国の国内リーグも全て決着が付きました。

フランスは残りのリーグ戦を中止し、試合をやったとこまでの最終結果で優勝を決めましたが、ドイツ、イングランド、スペイン、イタリアは過密日程にしてまで全部の試合を開催してリーグ優勝を決めました。

あとはCL、ELが残っているのですが、この試合をやっているうちに始まってしまうのが、20-21シーズンです。この主要5ヶ国の来シーズンのスタートがいつからなのか気になったので調べてみました。

思ったよりもスタートは早い!なぜなら…

この主要5ヶ国の20-21シーズンの開幕日は以下の通りです。

フランス  8月23日

イングランド 9月12日

スペイン 9月12日

ドイツ 9月18日

イタリア 未定

イタリア 未定!!

そうなんです。今現在の8月2日時点でイタリアのセリエAは開幕日がまだ決まっていんです。調整するのが難しいんでしょうね。

今シーズンが延びたのにどうしてこんなに開幕が早いのかなと思っていたら、来年の6月にヨーロッパ選手権(2021年6月11日開幕予定)や南米選手権があるからなんですね。それに間に合うようにするとなると、9月に始まらないといけないんでしょうね。

 

ここに国内カップ戦、CL、ELが入ってくると…

普通に考えただけで凄い日程なんだということはわかるのですが、リーグ戦だけでなく伝統のあるカップ戦やチャンピオンリーグ、ヨーロッパリーグの試合が入ってくるとそりゃもう試合だらけになります。

もう1つ言うと、終わった~ってなった後にヨーロッパ選手権、南米選手権があるとなったらオフシーズンが全くない状況になるわけでして。

また感染者がたくさん出てきて、試合が予定通りにおこなわれない可能性もあります。実際にアメリカのメジャーリーグでは選手が感染したとのことで中止になっている試合もあります。

なんとか早めにワクチンなり薬が世に広まることを願うばかりです。

遠く離れた日本で心配することでもないのですが、いちファンのとしては気になるところです。

今まで通りにお客さんが入って、もの凄い歓声があがるシーンを待ち望みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください