ガソリン税について

しっていたような知らなかったような話しなのですがガソリンの価格にはガソリン税が含まれているというお話し日本では原油はとれないのでほぼ輸入していますそうなると国の税金がかかるのは何となくですが理解出来るところでございます

そしたら普段給油しているガソリンにどれくらいの税金がかかっているのかというところです調べたところ1リットル当たり

・ガソリン税   53.8円
・石油石炭税    2.8円
・温暖化対策税  0.76円
→合計 57.36円

が税金として計上されているということですですので原油価格が落ち込んでもこの57.36円は必ずオンされるのですこの金額を高いとみるか低いとみるか…

石油が取れず100%輸入に頼っている中だとこれだけ税金を支払うのもしかたないのかなとも思います国としてはこの金額を下げると税収が減るので下げるということは難しいのでしょうし

今回このガソリン税の金額を把握したのでニュース等で原油価格が下がったと知ってもじゃあガソリン価格がバーンと下がるということはないということが理解できました使う側からすれば少しでも安くなればいいとは思うのですがこればっかりはコントロール出来ないですもんね

lascia un commento

L'indirizzo email non verrà pubblicato. i campi richiesti sono contrassegnati *

Questo sito utilizza Akismet per ridurre lo spam. Scopri come il tuo commento dati vengono elaborati.