【MLB】2022シーズン・メジャーリーグの3分の2が消化した時点での順位を確認

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

メジャーリーグが好きです、munejyukaです。

2022シーズンのメジャーリーグ。

162試合のうち、3分の2が消化しました。

 

トレードデッドラインも過ぎて、いよいよシーズン終盤に入っていきます。

 

現時点での各チームの順位を確認しておきたいと思います。

これから急に成績が伸びるチームとそうでないチームがありますので、この時点で1度きちんと確認しておきたいなと思います。

 

 

2022シーズン、8月6日時点のアメリカンリーグの順位

 

順番に確認したいと思います。

まずは、アメリカンリーグ。

 

東地区:ヤンキース、レイズ、Bジェイズ、オリオールズ、Rソックス

私が今シーズン、本命に推していたRソックスが不振です。これから上がるのでしょうか…

 

中地区:ツインズ、ガーディアンズ、Wソックス、ロイヤルズ、タイガース

ツインズが絶好調。マエケン投手がいないのが残念です。

 

西地区:アストロズ、マリナーズ、レンジャーズ、エンゼルス、アスレチックス

アストロズはコレア選手がいなくなっても強いですね。

 

 

 

ナショナルリーグの順位

 

次はナショナルリーグです。

 

東地区:メッツ、ブレーブス、フィリーズ、マーリンズ、ナショナルズ

メッツが好調です。このまま突っ走れるでしょうか…

 

中地区:カージナルス、ブリュワーズ、カブス、レッズ、パイレーツ

カージナルスも衰え知らず。強いです。パイレーツは前半は頑張っていたのですが…

 

西地区:ドジャース、パドレス、ジャイアンツ、Dバックス、ロッキーズ

ドジャースは強過ぎます。パドレスは補強してどうなるか…

 

 

残り試合は目が離せないですね!

 

全体的にみてみると、アメリカンリーグはだいたい予想通りというところでしょうか。

Rソックスはもう少し上位に来るとおもっていたのですが。

 

ナショナルリーグはも予想通りなのかもしれませんが、ドジャースが勝ち過ぎというところでしょうか。

 

 

個人成績をみてみると、ヤンキースのジャッジ選手がホームランを量産しています。

今シーズンはボールが飛ばないと言われているのですが、現時点で43本もホームランを打っています。

スゴイですね!

 

ピッチャーでいうと、アストロズのバーランダー投手が15勝、防御率1.73という信じられない数字を残しています。

 

あと、残念なニュースとしては、パイレーツの筒香選手がリリースされてしまいました。

開幕から試合には出ていたのですが、ケガの影響もあったのでしょうか、調子が上がらずでとうとうメジャーの枠から外れてしまいました。

どこか拾ってくれるチームがあることを祈りたいなと思います。

 

こういうのをみると、メジャーリーグは本当に厳しい環境なんだなと思います

 

残り試合、ワールドシリーズに向けての激しい試合が続くのを楽しみたいと思います!

目が離せませんね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

※来シーズン、あの選手はこの帽子をかぶってプレーしているのでしょうか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください