9月下旬の連休をシルバーウィークと呼ばれている!いつからいつまでなのか?5年後の2026年は5連休!

こんにちは、munejyukaです。

毎年9月下旬にある敬老の日と秋分の日の祝日、そこに土・日を合わせて発生する連休を

 

シルバーウィーク

 

というんですね。

5月のゴールデンウィークほど馴染みがないのかもしれませんが、旅行業界では広く浸透しているようです。

 

このシルバーウィークについて少し調べてみました。

 

 

2015年に5連休となったことで注目度がアップ!

シルバーウィークが注目を集めたのは、2015年です。
2015年の9月は、

 

15日 土曜日

20日 日曜日

21日 敬老の日

22日 国民の休日

23日 秋分の日

 

となり、5連休となりました。

ここでキーとなるのが、22日の国民の休日です。

 

祝日と祝日にはさまれた平日を休日とする、”祝日法”というのがこの5連休を演出しています。

 

これで一気にシルバーウィークが世に広まったといえると思います。

 

 

次に5連休になるのは2026年!

2021年は3連休となったシルバーウィークですが、次に5連休となる日を確認しました。

次に5連休になるのは、

 

2026年

 

です。

2026年9月のカレンダーを見てみると、

 

19日 土曜日

20日 日曜日

21日 敬老の日

22日 国民の休日

23日 秋分の日

 

となっています。2015年と同じですね。

 

2026年ということは5年後です。

楽しみに待ちたいと思います。

 

 

まとめ

・シルバーウィークは9月にある祝日の、敬老の日と秋分の日が土・日と重なって連休になること

・2015年に5連休になったことで認知されるようになる

・次に5連休となるのは2026年

 

ゴールデンウィークは広く知れ渡っていますが、シルバーウィークはイマイチ浸透していないように思われます。

次に5連休となる2026年にはまたそれなりに盛り上がると思われます。

それまで楽しみに待ちたいと思います!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

※シルバーウィークは気候もいいので、テーマパークなんか最高ですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください