ステルス戦闘機・F35Bの配備を決定!場所は宮崎県新富町の新田原基地!

こんにちは、munejyukaです。

軍事関連には全く疎いのですが、気になったニュースがありました。

政府は最新鋭のステルス戦闘機のF35Bを宮崎県新富町の新田原(にゅうたばる)基地に配備する方針を固めたとのことです。

どういった考えでこのような決定になったのでしょうか?

 

 

F35とは?

そもそもF35Bとはどういったものなのでしょうか?F35Bは軍事用の戦闘機で、短距離滑走での離陸や垂直離陸が可能とのことです。

凄いですね。

値段ははっきりしていないようですが、1機で約100億円ほどといわれています。

何機配備されるのでしょうね?

 

F35Bを配備する目的とは?

このような最新鋭の戦闘機を宮崎県の新田原基地に配備する目的とはなんなのでしょうか?

表立っては発表しないのかもしれませんが、中国が軍備を増強し続けているので、それに対抗する処置だと思われます。

このF35Bを日本の離島防衛の切り札と位置づけていると思われます。

 

 

新田原基地になった理由は?

幾つかある基地の中で、このF35Bを新田原基地に配置を決めた理由は、海自呉基地(広島県)、米軍岩国基地(山口県)、馬毛島基地(鹿児島県・予定)の基地と地理的に近く、配備先としては最適だと判断したのだといわれています。

さまざまな合同訓練ができるようにとのことなのでしょう。

 

まとめ

世界中ではまだ各地で紛争地域が存在しています。

こういうニュースを見ると末恐ろしく感じます。

色々な理由はあるにせよ、こういうニュースが少なくなればと願うばかりです。

戦争の悲劇を忘れてはいけないと思い、書かせてもらいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください