最近目にする”DX”ってなんだろう?

こんにちは、munejyukaです。

最近、ネット記事なんかで時々目にする単語で、

”DX”

というものがあります。いったいどういう意味なのでしょうか?少し調べてみました。

DXとはデジタルトランスフォーメーションの略

DXは

デジタルトランスフォーメーション

の略でした。

詳しい内容はまた別の機会にしましょう。

簡単にいうと、

データやデジタル技術をきちんと使って、ビジネスのさまざまな内容に変革をもたらす

ということです。

DXを推進していくなかで使われるものの代表的なものが、AIや5Gとなります。

今までアナログ的に作業していたものを、AI技術を取り入れたり、5Gを使いこなすことでビジネスに変革をもたらしましょうというということです。

なぜ、DTではなくDXなのか?

デジタルトランスフォーメーションだと、頭文字をとって”DT”になりそうなのですが、なぜDXなのか?

少し調べてみると、英語圏で「トランス」を「X」と略す表記があるとのことです。ですので、DTではなく、”DX”になったようです。

日本人にはあまり馴染みがないので、こればっかりはどうにもならないですね。

 

デジタル技術の単語だと、これからも目にする機会が増えてくると思います。”DX”の意味を知っているだけでもちょっと違ってくると思いますので、覚えておいて損はないでしょう。

皆様のモヤモヤが少しでも解消されたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください